紹峰さんが久々ご登場

こんばんは

10月はあれこれと忙しかったのでブログ更新は本日を入れても19回、以前は月に40回以上はざらに更新していたのにね002.gif

これは、けしてネタ切れではなく書きたいことは今でも山盛りあるのですが、つたなきブログではありますが、下調べやら翻訳やら画像を捜したりの準備にハンパなく時間が掛かります。なので他の行事や用事が重なるとなかなか準備できず=更新ができない。
啊啊それなのに、それなのにこの変なオバちゃんのブログを覗きに来て下さる皆様には、本当にありがたく心より感謝申し上げます。


最近は微博の世界で幻城の銀髪頭に青い眼でしか登場されない紹峰さん、
他には熱烈ファンの方が載せた彼の過去画像や過去の動画だけ。

あああああああ~いいかげんリアルタイムのお姿を現してよ!と自己中オバちゃんがしびれを切らしていたら・・・・・
そんな想いが彼にテレパシーとして伝わったのでしょうか?????
久々にCM撮影現場にてご登場


それがこちらの画像。
(明日オバちゃんは年に2回の棚卸日なので今から寝ます!
なのでゴメンなさい、今回はコメント紹介は無し、で画像だけでお許しください)

e0348365_00023038.jpg
e0348365_00031318.jpg
e0348365_00030714.jpg










では皆様おやすみなさい029.gif014.gif

by syouhou36 | 2016-10-29 00:16 | 馮紹峰さんの世界 | Comments(0)

こんばんは

今年2月8日に中国で上映されて、11日後には興行収入が中国歴代ナンバー1となった映画
美人魚、その映画が来年1月に日本に上陸します。

今年2月13日のオバちゃんブログでも馮紹峰さんの西遊記孫悟空三打白骨精のライバルと取り上げていた映画です。

そのオバちゃんのブログがこちら ⇒ http://syouhou36.exblog.jp/24135699/

1/7(土)より「2017冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」として、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

日本タイトルは人魚姫だそうです。
e0348365_00402974.jpg
この映画のヒロインに抜擢された林允(リン・ユン)さんという女優さんは、紹峰さんの今カノさん。ただしこの件は紹峰さんご本人は前カノで懲りたのか熱愛宣言はなし。インタビューされてもプライベートのことは完全黙秘!完全拒否!

2人のお忍びデートがよくパパラッチによって激写されておりいますが、彼女のほうも交際を黙否、『私はシングル』 と発言しておられます。

この人魚姫は、シネマート心斎橋や日本各地の映画館でも順次上映されるとのこと。

この映画、彼の今カノさんの映画として見るのではなく、興行収入中国歴代№1となったすごい映画として、また周星馳(チャウ・シンチー)監督の作品として、すごく興味深深、オバちゃんは大阪で上映されたら、絶対に観にいこうと思います。


詳しい情報はこちらのリンクへではまたね晩安029.gif014.gif


by syouhou36 | 2016-10-28 01:04 | 中国映画の世界 | Comments(2)

かわいい阪急電車

こんばんは

本日も中国俳優さん関連の話題はお休み。

今日はシフト休みをもらい、久々に従姉とランチしてきました。
いつもなら梅田あたりで待ち合わせるのだけれど、久々に阪急電車に乗りたくて、従姉の地元での待ち合わせ、

そして阪急梅田駅から宝塚行きに乗る為、阪急梅田駅独特のピカピカ光る床のホームで電車を待っていたら、なんと到着したのはこんな可愛い車体の電車。

乗車口にアトムやウラン
ちゃん、御茶ノ水博士、ブラックジャックにピノコちゃんの可愛い絵が描かれ『さあどうぞお入りください』 といわんばかりに歓迎してくれる
e0348365_20361131.jpg
そう宝塚は手塚治虫さんの生誕の地、宝塚大劇場の近くには今も手塚治虫記念館がありますし。
当然のごとく阪急電車といえば手塚氏なんでしょうね。
この他にリボンの騎士のイラストもありますがこれはピンボケで使えず削除。

e0348365_20420594.jpg
そしてこの若草色シートは阪急電車ならでわ、いつもながら関西一キレイな電車
幸い平日の昼の始発なのでガラガラ何で写メ出来ました。
e0348365_21123945.jpg
今日の路線とは違うけれど、オバチャンが花の独身時代の7年間、毎日毎日阪急電車に揺られて通勤していた頃が思い出されてとても懐かしくかった。こんな風に思い出に浸るのってなんか好き012.gif

もちろん従姉達と会えてランチとおしゃべりしたことも楽しかったし、嬉しかった。

こちらが本日頂いたランチの煮込みハンバーグセット。お味噌汁はカツオと昆布のお出汁仕立て、メインのハンバーグのソースもトマトベースの本格的なお味で、とても美味しかったです。
e0348365_21345787.jpg
チョビっと遠出してのリフレッシュ、これで明日のキツイ仕事に家事にがんばれるエネルギーチャージができました。

では皆様おやすみなさい。

by syouhou36 | 2016-10-25 11:15 | 日々の暮らし | Comments(0)

ヨン様にお子様誕生!

こんばんわ

冬のソナタで日本に韓流旋風を巻き起こした、あのヨン様ことペ・ヨンジュンさん44才の13才年下の奥様パク・スジンさんが10月23日午後に第一子の男児を出産されました。

冬ソナの頃は30才前後だったヨン様もすでに44才になっていたのね。、
以前オバチャン(ワタシ)はNHKのBSで日本初放送していた冬のソナタを見て見事韓流ブーム&ヨン様に大嵌まり、明けても暮れてもヨン様でしたね、それは太王四神記まで続いていましたが、その後に彼がスクリーンから遠ざかり、俳優よりも実業家の道を歩き始めた頃からヨン様熱が冷めていきました。

そしてヤフーの画面で彼の結婚を知ったとき『よかったヨン様、イ・ビョンホンさんのように幸せになってね』と思うと同時に、お相手が主役を張る女優さんではなく、どちらかというと地味な脇女優さんだったことから、もしかしてこれって彼が売名行為に利用された?かと心配していました・・・・
それは何故って?
最近、いや半年以上前かな?奥様となった女優さんがよく見るCS放送で、セレブ妻のニューヨーク生活的内容の番組に出ていて不快に感じたから、誰がセレブ妻やって!
その前の結婚式でも彼がひざまずくシーンがあまりにも芝居臭くて?もしかしたらこの結婚は契約結婚では?とさえ思えた。いやこれってただのオバチャンのヒガミ、ヤッカミ嫉妬妄想だった008.gif<<

でもね今回の第一子誕生のニュースを見てほっとした。ごめんなさいヨン様と奥様を疑って。
e0348365_02104362.jpg

この度は、お子様誕生誠におめでとうございます。ヨン様いついつでもお幸せに。003.gif038.gif
赤ちゃんのお顔公開は無理でしようね。でも見て見たいなあ!
by syouhou36 | 2016-10-25 01:36 | 韓流スター | Comments(0)

アリエルさんの涙

本日2度目の投稿


今回はアリエルさんこと林依晨(アリエル・リン)さんが流された涙のお話し。

先日ご紹介した琅琊榜の梅長蘇役をされた胡歌さんが金鷹賞を受賞された同じ舞台、その同じ会場にはアリエルさんの姿もありました。

そうアリエルさんも女優部門で人気賞を受賞されていました。

胡歌さんが『もっとも人気がある俳優賞』と、『観客が最も好む俳優賞』をダブル受賞されたその瞬間、同じ会場いたアリエルさんの目には大粒の涙が溢れ出ていました。

そのシーンがこちら、上は同じ舞台に立つのはすごく久々のお二人、アリエルさんの婚約式以来かな?
そのアリエルさんは、従来のストレートロングへアーをばっさりと切られとてもキュートなショートヘアーに変身されていました。
e0348365_20212531.jpg
彼女の目には涙が溢れだし・・・
e0348365_19112351.jpg
そうその涙のわけは?

胡歌さんがアリエルさんと共演された射雕英雄伝(2008年度作品)での、2006年8月の撮影中のこと、胡歌さんは大事故に遭い同乗されていた女性スタッフは即死されました。
彼自身命こそ救われたものの、顔面破壊というまさに俳優として致命的な傷を負い6時間にもわたる応急手術に、鼻骨の矯正手術や香港での100針を越える皮膚移植手術の辛さにも耐え、深く傷を負った右目まぶたは韓国に出向き整形手術を受けるという、多大な試練を乗り越え約一年後に俳優復帰。
そして事故から約一年後に撮影は再開、そして射雕英雄伝という素晴らしい作品が生まれたのでした。

そして今回は、まさにご自分の過去と重ね合わせたような琅琊榜の梅長蘇役で、金鷹賞の最優秀賞のW受賞。

この受賞時のインタビューに答え胡歌さんがご自身の出世作となった作品のお相手役であったアリエルさんに向けて感謝の意を述べていました。

事故の後、射雕英雄伝は主役が他の人に代わっていてもなんらおかしくはなかったはず、それを製作スタッフも共演者が主役の胡歌さん復帰を待つという道を選んでくれたばかりか、関係者の誰もが励ましのメールや病院への見舞いを欠かさずにしてくれていたんだそうです。
原作者である金甫さんも、復帰に向けて懸命に頑張る彼の為に著作期間を1年延ばしてくださったそうです。
今もそうですが超売れっ子女優のアリエルさんも彼を励まし続けて、復帰を待っていてくれた1人、

郭靖と黄蓉、やはり胡歌さんとアリエルさんだからこそ郭靖と黄蓉という可愛くてせつない恋人が軸となり射雕英雄伝が生まれたのでしょうね。

きっとアリエルさんの脳裏には胡歌さんとの当時の思い出がいっぱいいっぱい、走馬灯のように流れていたことでしょう。

射雕英雄伝にはお二人以外にも袁弘さんと劉詩詩さんが第二主役として出演されていましたが、そのお二人共に今では超売れっ子、主役をバンバン張っておられます。
再びこの同じメンバーで共演をすることは限りなく不可能に近いかなと思います。
このブログを書いていて、あらためてまた射雕英雄伝を視聴したいなと思いました。

画像元・・东北网


by syouhou36 | 2016-10-22 18:11 | 中国の俳優さん | Comments(0)

昨日の地震で思うこと

こんにちは

昨日は鳥取県でお昼に大きな地震がありました。そして昼過ぎに倉庫内で仕事中のオバちゃんのところでも地震発生、かなり大きく揺れて、高く積み上げられた倉庫内の荷物もガタガタゆれて,危機を感じるのが早い若手さんは「キャ~地震すごい~早く外に逃げなあかんわ~」と倉庫外に向かい一目散に逃げ始めた。
オバちゃんなんて揺れて止まる前にお外、これが震度6以上ならどうなってたことでしょう002.gifきっと逃げ遅れてた・・・・。あああ~考えるのよそう。

なんとオバちゃん会社の地域は大阪でも一番揺れて震度4だったとか・・・
そりゃー揺れるよね、幸い倉庫内に高く積み上げられた荷物も落ちず、その後も余震はあったらしけれど仕事で走り回っていたからあまり感じなかった。
熊本地震でたくさんの方が被災して、いまだに毎日余震が続き大変な思いをされている中で、今回は鳥取県中部、やはり日本列島は地震の国ですね、日本中いつどこで被災するかわからない最近益々大きな地震が増えているように思います。

でもいつ被災するか予測不可能なのが地震、あらためてせめて3日分くらいの簡易食料やペットボトル2リットル一箱くらいは備えておこうと、今回の地震体験で考えさせられました。

地震の被害にあわれ大変な不便をされている皆様が一日も早く元の暮らしにもどれますようにお見舞い申し上げます。

残念ながらオバちゃんの住む地域では、このような地震対策マニュアルが見つけられなかったので、長野県飯山市のホームページからお借りしてきました。
e0348365_16305539.jpg

同じ行政でも、地震に対する意識の差なのでしょうか?我が地域は避難場所のパンフレット地図配布とかはあるのですが。このようなわかりやすいものは無し。

当たり前に出来るようでいて、大きな地震が来たら、動転して出来ないかもしれないでもこれをプリントして玄関のドアに貼っておこうと思います。

長野県飯山市の公式ホームページにはこの他にもいろいろと為になることが沢山たくさん書かれてありますので、興味のある方は、ぜひこちらを訪問してみてくださいませ。
  
http://www.city.iiyama.nagano.jp/soshiki/kikikanribousai/bousaisyoubou/sonae/sonae.htm




by syouhou36 | 2016-10-22 16:51 | 日々の暮らし | Comments(0)

胡歌さんのドラマ偽装者

こんばんは

今月はじめからフィットネス・ジムに通い始めて、その疲れから異常に寝つきが良くなったオバちゃん(ワタシ)。

ジムに行く以前は深夜の1時、2時頃にがんばってブログ更新をしていたのにね、最近はそれがまったく出来なくなっています。

でも本日はやっとシフトのお休み、以前から気になっていた、この中国ドラマをご紹介します。
そのドラマは張勇の小説「諜戰上海灘」を原作とする中国ドラマ偽装者The Disguiserです。

なんとこのドラマは、今人気の琅琊榜(ろうやぼう)出演者がえ~っというくらいたくさん出ているドラマ。
中国大陸で2015年8/31~9/28の間に48話で放送されていました。
日本統治化時代のスパイ物のお話し。

こちらの画像をみれば、あれれ?何処かで見た俳優さんたち005.gif
e0348365_13171503.jpg
偽装者あらすじ

抗日戦争の勃発後の汪精衛の政権が創立する時期のこと、
富豪の坊ちゃんの明台(胡歌)は香港大学に留学中に、国民党国民党特務組織の高官の王天風(劉奕君)になかば誘拐されての形で国民党特務組織スパイ訓練班へと入れられる。そして過酷な訓練の苦しい日々をおくって、1名の国民党特務組織のスパイに仕立て上げられていきます。

大学を卒業した後、明台と生死をともに分けあう同僚の女スパイ于曼丽(宋轶)の2人は、上海に赴任しスパイとしての秘密活動を始める。

そして明台は同じ目的を持つ中国共産党地下組織成員である程錦雲(王樂君)と協力して、日本軍の高官の乗る専用列車“桜号”を爆破する。

やがてその秘密活動の中で、明台は国民党特務組織局と汪偽政府が“国の財”を密輸出し、私腹を肥やしていることを知ると、国民党に対して意気消沈する。
そこに共産党員の程錦雲から中国共産党地下組織要員となって国民党にそのまま潜伏することを進められる。(これははっきり言うと二重スパイになれということ。)

明台の兄である明楼(靳東)は、中国共産党地下組織の南方局特派員であるが、表向きは国民党の幹部をしている同じ2重スパイの身分だった。
兄弟は協力しあい組織内に偽の情報を流し、日本軍を混乱させ、そして中国国民党を支配しようとする日本軍を攻撃し、日本軍に、勝利するために二重スパイとして暗躍してゆく。

いわゆる抗日物といわれるの時代背景のドラマです、
だから絶対に日本語字幕をつけて日本のTVで見るなんてことは無理でしょう
中文字幕のユーチューブが視聴する限界かと思います。
監督は琅琊榜(ろうやぼう)を撮られた2人いる監督のうちのおひとり李雪さん。


主役の明台を梅長蘇をされていた胡歌さんが。兄の明楼には瑯琊閣少閣主:藺晨役の靳東さん、10歳で明家の養子弟となった明誠には靖王役の王凱さん、そしてその明家を束ねるしっかりものの長女明鏡には静妃役をされてた劉敏濤さんが演じられています。
e0348365_14541393.jpg
e0348365_16370002.jpg
明台のコードネームは毒蠍(スコーピオン)
e0348365_16592777.jpeg
明楼のコードネームは毒蛇と眼鏡蛇、靳東さんは何を演じてもステキ053.gif
e0348365_16480558.jpg

明誠のコードネームは青磁、彼は兄の明楼の助手役
こちらが明台をとりまく女性の一人、共産党地下組織成員の程錦雲
e0348365_18454467.jpg
こちらが生死をともに分けあう国民党同僚の女スパイ于曼丽
e0348365_18505423.jpg
共に行動するうちに彼女の中で、いつしか明台への恋心が芽生えて行く。
このドラマが作られたのは瑯琊榜よりも半年以上も後ですが、テレビ放映はこちらが先。
他にはこんな方たちも参加されています。

謝玉をされてた劉奕君さんは国民党特務組織の高官王天風役
コードネームは毒蜂、、、今回も悪役
e0348365_15120500.jpg
なんと謝玉夫人の蒞陽長公主を演じていた張棪琰さんは、蘇太太という共産党地下組織員役で出演。
e0348365_17193902.jpg
誉王の女謀士:秦般若役の王鷗さんは、※1)汪偽政府の特工情報部員:汪曼春役

e0348365_16330858.jpg
皇太子役の蕭景宣を演じていた高鑫さんは共産党地下党員の張月印役
今回は友情出演で、どうやら悪役ではなさそう。チョビひげがなくて誰かわからなかった。
e0348365_15555665.jpg
こちらが偽装者の紹介的動画

これだけみてもスパイ物ドラマとして楽しみたいドラマです。


画像元・・・360捜索http://image.so.com/i?q=%E5%81%BD%E8%A3%85%E8%80%85&src=tab_www

youtube元・・・XDRAMAsXさん

※1)汪兆銘政権(おうちょうめいせいけん)は1940年から1945年にかけて中国に存在した中華民国の政権。
行政院長(首相)は汪兆銘。首都を南京としていたことから、当時の日本では南京国民政府(ナンキンこくみんせいふ)とも呼ばれた。中華民国南京国民政府(ちゅうかみんこくナンキンこくみんせいふ)の名で呼ばれることも多い。
汪兆銘政府は、外交・内政において日本の介入を受け、日本政府が第二次世界大戦における日本軍の戦況悪化と共に重慶政府との和平を目指すようになり、さらには民衆の支持も得られなかったことから孤立し、1944年に汪兆銘が病死すると更に求心力を低下させた。
日本がポツダム宣言を受諾して間もない1945年8月16日に政府は解散した。

                                以上、汪兆名政権wikipediaより抜粋。
by syouhou36 | 2016-10-20 19:26 | 中国ドラマ | Comments(0)

こんばんは

最近なかなか毎日のブログ更新が出来ずにいますオバちゃんです。
ブログを訪問してくださる皆様には、がっかりさせてばかりで本当にごめんなさい。

いろいろ下調べに時間が掛かり止ったままのテーマばかり(幻城劇場に、琅琊榜(ろうやぼう)のオバちゃん独自解釈の紹介、そして3月以来氷結したままの蘭陵王SSと、おつたえしたいことは沢山あるのですが、なかなか内容がまとまりきれていません。

紹峰さんの動きもお誕生日から後は撮影でおいそがしいのでしょう、全然音沙汰がございません。

そんな中で、昨夜紹峰さんではありませんが、琅琊榜(ろうやぼう)梅長蘇役の胡歌さんが第11回中国テレビ芸術祭で、第28回金鷹賞(ゴールデンイーグル賞)で『もっとも人気がある俳優賞』と、『観客が最も好む俳優賞』をW受賞されました。

この賞は2年に一度行なわれる中国テレビの芸術祭で、あらかじめ中国全土から国民が、テレビでもっとも人気がある俳優と女優を、国民がインターネット投票で選び、それと同時に観客が最も好む俳優と女優のほうもインターネットで投票し選ぶ賞だそうです。

女優部門では、琅琊榜(ろうやぼう)で梅長蘇のいいなづけ穆霓凰役をされた劉涛さんが胡歌さんと同じく『もっとも人気がある女優賞』と『観客が最も好む女優賞』W受賞されました。


こちらがお二人の受賞式登場シーン
e0348365_17535647.jpg

e0348365_23510711.jpg


e0348365_17551028.jpg
e0348365_17543914.jpg
胡歌さん、劉涛さんこのたびは金鷹賞受賞まことにおめでとうございます。

日本にいるオバちゃん(ワタシ)に、もしも中国国民登録番号があったならば。絶対胡歌さんに投票していました。
でもねオバちゃんには日本政府がくれたマイナンバー番号しかないので、今回の投票ができませんでした、ごめんなさい。

では本日はこれにて晩安029.gif014.gif

画像元・・・琅琊榜电视剧后援会

by syouhou36 | 2016-10-18 00:11 | 華流芸能ニュース | Comments(0)

こんにちは

秋晴れのさわやかなお天気がここ何日か続いていますが、ただいま週一回で歯科に通うことと、週三回のフィットネス・ジム通いと、ハードなパート仕事で少々疲れておりますオバちゃん(ワタシ)です。

今月東京で開催される2016年中国映画週間での紹峰さん出演の親友の結婚式(日本初公開)とても観たかった映画ですが、10月後半は公的スケジュールがいっぱいで東京行きはやはり断念しました。

ファンとして彼のコメディー映画をぜひスクリーン大画面で観たかったのですが、あきらめました。

結論としてこれからも自分が出来る範囲で無理をせずに、自分流に彼を応援していきたいと思います。

本日公式サイトをたどり調べたら・・・・
親友の結婚式、10月23日の日曜日のチケットは完売したそうです。
10月24日月曜日15:50上映開始のチケット購入できるのはのこり約半分だそうです。

見てみたい方はインターネット予約はこちらからです。  
https://hlo.tohotheater.jp/net/ticket/073/TNPI2040J03.do
e0348365_12592155.jpg
映画の結末がとても気になりますが,幻城のように花嫁が刺されて亡くなってしまうようなことはなさそう。
e0348365_12313064.jpg
現実の世界ではスー・チーさんの方に先を越されちゃった紹峰さんですが、近い将来に彼の花嫁になるのはいったい誰なんでしょうね????どんな女性だろう。
早く知りたいような?知りたくないようなその日が訪れるのが怖い。でもね結婚して新しい家族をもって、仕事の生きがいとはまた違う形の幸せをつかんで欲しいな。






by syouhou36 | 2016-10-15 13:02 | 馮紹峰さんの世界 | Comments(0)

こんばんは

ここ一週間ですっかり秋めいてきましたね、朝は肌寒さから早くに目が覚めてしまいます。
本当に暑かった酷暑、猛暑が終わり、これからはゆっくりと秋を楽しみたいと思います、なので土日を避けてシフト休みを利用して、京都あたりに行ってこようかな?と思っています。

オバちゃんが18~25まの頃には大親友のSちゃんとは月一くらいに京都や奈良へと遊びに行っていました。
e0348365_23292263.jpg
この写真は34年前、Sちゃんともう一人OL時代の友達Tちゃんの3人で京都大原に遊びに行って、大原女(おはらめ)さんのコスプレをしたもの。大原の観光協会のようなところにあらかじめ申し込んで着付けてもらったものです。
大原女さんの格好をして、大原界隈を薪を頭の上に乗せて歩いたことだけ覚えています。

舞妓さんではなく大原女さんというところが珍しかったし、すれ違う観光客らしき人たちには地元の娘と間違われてか道を尋ねられたり、一緒に記念撮影を頼まれたりしました。今ではとても懐かしい貴重な経験です。

ブログで初公開、22歳の頃のワタシ、どちらかは内緒037.gif
e0348365_23351512.jpg
京都大原も三千院など風情があってステキだけれど、やはりワタシの年代(50代)の人たちには嵯峨野がとても人気でしたね。

一時期は沢山のタレントショップや、美空ひばりさんの記念館でにぎわいましたが、オバちゃんが行っていた時代はそのもっと前。

それはこの歌の影響も大きかっただろうなと思います。

昨年機会があってバスツアーで駆け足的に嵯峨野にちょこっとだけお邪魔しましたが、海外からのお客様がいっぱいでした。

あの頃のように静かにゆったりと京都の街の風情を味わうことが出来なくなってしまったことは、オバちゃん的にはとても残念でなりません。

この歌を聴くたびにあの頃の京都の美しさが思い出され、うるうるしてしまいます。

嵯峨野さやさやは1975年に着物メーカー愛染倉のCMソングとして使われ、タンポポという姉妹フォークデュオが唄われてました。



この後にタンポポでよく知られている歌が同じ京都を唄ったひとり歩きというこの曲。




今夜は秋の夜風に吹かれセンチになってしまいました、ではこの辺で晩安029.gif014.gif

by syouhou36 | 2016-10-14 00:02 | わたしの青春ソング | Comments(0)