<   2015年 11月 ( 69 )   > この月の画像一覧

おはようございます


昨夜遅くに投稿した蘭陵王SSは暗かった~~
書いていていくうち、だんだん哀しく辛くなって、気持ちがだんだん沈んでいきました。
反省して次回は前向きなモノを目指します。

今朝紹介するこの歌
まるで当ブログタイトルのテーマソングのような(ずーずーしいか)
その昔、とてもきれいなお姉さんだったあべ静江さんの曲をご紹介します
さわやかな、お声なのに色気もただようところがとても素敵でした。1973年の作品



では仕事に行ってきます拝拝




by syouhou36 | 2015-11-30 07:00 | わたしの青春ソング | Comments(0)

蘭陵王SS ”天女改嫁”

蘭陵王SSも18話目となりました

蘭陵王をわざと地方に派遣させて、その隙をねらい新皇帝をそそのかした鄭児と祖挺が
雪舞を新皇帝の元へ嫁いでくるようにしむけて、アホな皇帝も雪舞に命を下します。
高家一族のすごい実話も添えました。R15レベルです。
意に添わぬ方はどうぞスルーしてください。


"天女改嫁”

祖挺と皇后が、蘭陵王と雪舞を引き裂くために、策をねり”天女が皇帝の元にに嫁がなかったせいで、斉の国に干ばつが起きた”という噂を広めていた。
それに異を唱えた安徳王までもが、遠い晋陽にて水の調達をしてくるようにと皇帝の命が下された。

蘭陵王も安徳王もいない隙をねらい、その翌日には蘭陵王府の門前に雪舞を皇帝に嫁がせるため、大勢の兵士を伴った祖挺が、花嫁を乗せる輿を率いてやって来た。

『ここは俺がなんとかするから、奥方は裏から逃げろ』 という暁冬をいさめ、動揺する屋敷の者たちを静まらせると、雪舞は小翠一人に手伝わせて婚儀の日に殿下が綺麗だと言ってくれたあの花嫁衣装に着替えるのだった。

満面の笑みを浮かべ震える手で団扇をもったあの婚儀の晴れやかな日が、暗黒の淵に沈もうとしている雪舞の脳裏に浮かんだ。

愚かな皇帝の命といえども皇帝の命に逆らい逃げること自害して果てて拒むことは、君下の妻である雪舞には許されない行為だった。

こばんで自害でもすれば、夫蘭陵王までもを死に追いやることとなる。
愛する夫を死への道ずれにはしたくなかった。

小翠に髪を結い上げてもらう間、雪舞はそっと袂の中へ用意してあった火樹銀花と火打ち石をそっと忍ばせ、小翠には夫蘭陵王への遺言となる言葉を伝えた、
『帰ってきた殿下に必ず伝えてちょうだい』

艶やかな花嫁衣装を身にまとった雪舞は、蘭陵王府の門を出たところで、いったん振り返り蘭陵王府を見渡した。

この屋敷で王妃として蘭陵王と暮らした幸せだった日々、あの婚儀の日に殿下が綺麗だと言ってくれた言葉が甦り、また涙が溢れ止まらない

(まさかこの花嫁衣装が死に装束になるなんて、思いもしなかった。そう愛する殿下を守れるのならば、この命いつ捨てても惜しくはない)

祖挺に即され雪舞が迎えの輿に乗り込む、それを王府の者たち皆が、号泣しながら見送ったのだった。、

雪舞が蘭陵王の元から皇帝の側室として嫁ぐ、
それは斉の高一族の間において、けして珍しい話しではなかった。 

史実として蘭陵王の父・高澄の正妃であった元氏(を、夫高澄が早世したのちに、後を継いだ高澄の弟である高洋(文宣帝)が、元氏からすべての財産を奪ったうえ、兄の未亡人である彼女を無理やり犯した。
その理由が『昔、兄は我妻を犯した、だからその仕返しをしたまで』 と言いはなった。

またその文宣帝が早世し、その2年後に皇帝を継いだ高緯の父である武成帝が、兄の正妃であった李氏(昭信皇后)へ、従わなければ子を殺すと脅して、関係を迫り、李氏はやむなくそれにしたがった。そして後に妊娠し、息子の紹徳が母の李氏を尋ねて来たときに、それを知られたくなくて李氏は息子に逢う事が出来なかった。
だがその事実が息子に知れた李氏は、それを恥じて武成帝との間に生まれた娘を取り上げなかった。そのためその娘は生まれてすぐに亡くなってしまった。

自分の娘が亡くなったことで、怒りに狂った武成帝は、李氏の目の前で,見せしめとして李氏の息子の紹徳を、彼女の目の前で殺して見せた。

そして李氏を鞭打ち、血だらけで失神している彼女を生きたまま絹袋に詰めて、諸渠水(下水)へと投げ入れた。幸いにその袋の縄が解けて、李氏は奇跡的に蘇生したため、皇帝の命で尼寺へと送られたのだった。

まさに血塗られた一族
あの日囚人遊びの折に鄭児が言ったことが耳に残り、気になった雪舞は、そのことを雪舞の耳にはけして入れたくはない夫には秘密にして、雪舞なりに高家の隠された史実を調べていた。

今日の日のようなことが、いつ起きてもなんら不思議でない高一族の世界であった。

だからおばあ様は、高一族である殿下とわたしとの縁を断ち切りたかったのね、
殿下のお母様も、そう、そんな忌まわしき場所で、子を産んで育てたくはなかった
だから身ごもった身で一人で皇宮を抜け出し、市井で一人殿下を産み育てたのね。

殿下への操を守り、そしておろかな皇帝と鄭児、祖挺の三人を道ずれに火樹銀花で木っ端微塵となり、みごとに自決してみせる。・・

殿下と斉の民の為を守れるのなら、この身がどうなろうとかまわない。
わたしが逝った後には、民を思う殿下が必ず立派な皇帝となって、斉の国に太平の世を築いてくれる。

そして花嫁を乗せた輿が止まり、皇帝と皇后は輿から姿をあらわした雪舞を見て、それぞれが妖しい笑みを浮かべた。

『とうとう蘭陵王とお前を引き裂くことが出来た、これで殿下はわたし一人の者となる、
楊雪舞お前には、わたしが受けた百倍もの辱めを受けさせてやる、女としての至上の苦しみを味わうがいい・・』 と、心の中でつぶやく鄭児であった。

一方の皇帝高緯は皇后とはまったく別のことを考えていた。
『孫にも衣装というが、まったくふふ・・・楊雪舞がこれほど美しきおなごであったとはな・・,
今の今まで生意気なおなごだとしか思えなかったが、
皇后には天女は娶りしだい、どこかに幽閉すると言ってしまったが、蘭陵王があれほど固着し、愛したおなごだ、戦場での功労も起て充分に才も知もあるおなごだ、それに斉の民は天女を好いて、天女が救いの神のように思っているからな
この頃皇后の我がままにほとほと疲れてきたし、この際だから皇后の座を天女に挿げ替えてみるのも悪くはない』 と・・・


二人の思惑も知らぬまま、袖口から火樹銀花を取り出した雪舞は、天を仰ぎ、この場にはいない夫へ今生の別れの言葉をつぶやいていた。
e0348365_23300015.jpg



※改嫁とは読みとおりに改めて嫁にいくこと



by syouhou36 | 2015-11-29 23:30 | 蘭陵王SS | Comments(0)

幻城 記念撮影の結果

昨日の続編画像
昨日のがコレで
e0348365_16274542.jpg

自撮り結果はこうなりました
e0348365_16415097.jpg
いいないいな~。
by syouhou36 | 2015-11-29 16:10 | 幻城 | Comments(0)

お茶目な紹峰さん 

彼のオフィスからの楽しい画像が紹介されました。
e0348365_12520275.jpg
e0348365_12523503.jpg
e0348365_16534616.jpg
ファンサイトでくまモンと紹峰さんの対比した画像が流行っていて、
ご本人微博にも取り上げて、かなりお気に入りのご様子。
この携帯カバーはファンからのプレゼントかな??
e0348365_13054010.jpg
e0348365_13061072.jpg
お茶目な紹峰さんただいま37歳・独身

by syouhou36 | 2015-11-29 13:07 | 馮紹峰さんの世界 | Comments(0)

蘭陵王の楽しみ方その①


おはようございます

蘭陵王が好き、幻城の氷の王子も期待感たっぷりだけれど、これはまだまだ未知の作品

蘭陵王SSのヒントに、気になったシーンを調べるために、その回のDVDを繰り返し鑑賞しますが
仕事から帰って疲れて今日はクタクタ、そんな日にもやっぱり癒しの元は”蘭陵王”鑑賞

でも1話から46話を見るには時間が足りない、晩御飯もお風呂も洗濯もあ~見る間が無い・・・
ああ~だめだあ~
ヤッパリ今日は見るのは無理だ~と・・・でもあきらめられない・・”まるで鄭児”

そんな日にはYouチューブに投稿されている(中国ファンの方の製作)蘭陵王名場面MV
を見て、楽しみます。

それぞれの方がご自分のこだわりで、挿入歌も換えて短いけれどとても素敵なんです。
中にはあの鄭児が何度も出てきて、癒されるはずが真逆のストレスとなることも。

今回は一番のお気に入りのものが見つからず
2番目お薦めのものを紹介。
宮崎アニメの天空の城ラピュタの主題曲”君をのせて”中国版がBGMとして使われています。


e0348365_10280885.jpg


by syouhou36 | 2015-11-29 11:58 | 蘭陵王 | Comments(0)

こんばんは

今夜はとある役員会の忘年会へと行ってきました。
出されたお食事をスマホ撮影するの忘れて食べて飲んであ~楽しかった003.gif>
でっかい蟹さん看板で超有名なお店のものです


そして今宵紹介する曲は、蟹や忘年会とまったく関係のない曲
この曲を唄われてたアン・ルイスさん引退されて今はロサンゼルスで暮らされているそうです。
2008年に若手女優の福田沙紀さんがカバーされていましたが、
オバちゃんはやっぱりアンさんのほうが好き。1874年にリリースされた彼女のデビュー曲です
e0348365_01152658.jpg


by syouhou36 | 2015-11-29 01:16 | わたしの青春ソング | Comments(0)

幻城速報
先日紹介したこの記事
e0348365_16250718.jpg
これに選ばれたファンの方たちが中国全土から集合され、幻城撮影現場を訪問されました。
まずは馬天宇君と張萌さん
e0348365_16262017.jpg
そして紹峰さんがファンの皆さんと自撮りされております。
自分は写ってないけど、この写真欲しい~。
e0348365_16274542.jpg
目の前に王子がいるなんて~わたしなら失神するかも
e0348365_16303398.jpg
e0348365_16294258.jpg
あああああ~いいないいな。



by syouhou36 | 2015-11-28 16:31 | 幻城 | Comments(0)

蘭陵王で天女・楊雪舞を演じたアリエル・リンさん(中国名:林依晨)は
台湾の女優さん、日本の少女漫画をドラマ化した"イタズラなkiss”の琴子役で有名。

馮紹峰さんが蘭陵王を演じられたこと、そして楊雪舞をこのアリエル・リンさんが演じたこと
が、ドラマを大ヒットさせたことは間違いありません。

とにもかくにも、アリエルさんの古装姿が可愛い
彼女に選んだ方はこのドラマを見て、これだ~と彼女を雪舞役に選んだと思います。


今回はそのアリエル・リンさん古装姿をご紹介します。
2008年作品:新・射鵰英雄伝の黄蓉役 お相手役は中国大陸俳優の胡歌さん
e0348365_15253223.jpg

e0348365_15292198.jpg

e0348365_15245830.jpg

2005年作品 天外飛仙の七仙女役・・・地上の人間に恋した仙女の役、
こちらもお相手役は胡歌さんでしたね、アリエルさん23才の時の作品
かなりぽっちゃりされて可愛いですね
e0348365_15400498.jpg

e0348365_15404684.jpg

e0348365_15380102.jpg
またぜひ紹峰さんとの蘭陵王コンビで、ちがうドラマで共演して頂きたいところですが、
昨年秋にご結婚されたアリエルさんは来年度には子作り計画をされるようです、
再びの共演は二度とかなわぬ夢となりそうですね。残念

by syouhou36 | 2015-11-28 15:50 | 中国ドラマ古装世界 | Comments(0)

馮紹峰さん 雪中飛

こんばんは

深夜をまわり微電影第2弾目です
寒くなった今日にぴったりな微電影。

紹峰さんがこのメーカーさんのダウンジャケットを着て、街頭特設舞台で”唯一的恋人”を歌っていました。こちらの画像がそのときのもの↓↓↓
e0348365_01450245.jpg

では雪中飛世界をゆっくりご堪能くださいませ。



by syouhou36 | 2015-11-28 01:51 | 馮紹峰さんの世界 | Comments(0)

こんばんは

今日はホント寒かった、そんな職場で上司の一人で30歳のKさんが
今日は急に寒くなって皆が現場仕事で寒いだろうと、使い捨てカイロを配ってくれました。。

『配ってくれたその気持ちだけで充分あったかいよ、Kさんありがとう』と言っておきながら、
その言った舌の根も渇かぬうちに、この私目が一番に背中にバーンと張っちゃいました。
今日のオバちゃんの戯言はこのあたりで、シャッターガラガラピッシャーン閉店。

今宵は紹峰さんが出演されてた家電メーカー国美さんの微電影作品のご紹介
11分少々の間、ほとんどのシーンで紹峰さんがお相手の彼女を負ぶっています
e0348365_22014633.jpg
家電を見に行く仲って、どういう関係なんでしょうか?
お相手女優さんもかなり細身の方なんですが、見ていて彼がしんどそうで、かわいそうです008.gif
2012年・3年前の作品


by syouhou36 | 2015-11-27 21:59 | 馮紹峰さんの世界 | Comments(0)