<   2015年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

少しづつ氷の王子が   

2015年 09月 30日

こんばんは

久しぶりに新浪微博(中国ツイッター)を覗いたら、お宝画像を発見しました
だんだんベールが剥がされていく幻城の世界、あの蘭陵王を演じた馮紹峰さんが新たに挑むのが電子劇”幻城”の主役んお氷国の第一王子、卡策

馮紹峰さんは超売れっ子、超多忙の人気俳優さん
来年公開の映画が2本、すでに取り終えております、その一本は
中国史上もっとも美しいとされる三蔵法師役が大評判の”西遊記孫悟空三打白骨精”
アメリカ映画”ベストフレンズ”の中国版リメイク映画の”我最好朋友的婚礼”
そして蘭陵王から3年、久々のドラマ”幻城”のロケが始まったばかり
来年一気にやって来る・・・・
とはいっても日本上陸はいつになることやら?、まったく無いかもしれない007.gif
だからどうしてもその情報を中国発信の微博で得るしかないの。
出し惜しみしすぎてます、これじゃ紹峰さんがどれだかわかんない007.gif
e0348365_21033036.jpg
e0348365_21034672.jpg
e0348365_21035882.jpg

三枚目のこのお目目、もちろん上が紹峰さんです053.gifではまた明日ね晩安085.gif

by syouhou36 | 2015-09-30 21:12 | 幻城 | Comments(0)

似ているブログ   

2015年 09月 29日

本日は二度目の投稿です。


このexciteブログの左上には”似ているブログ”っていう文字が出ますよね(^_^)
たまに”アンケートのお願い”のときもありますが。
オバちゃんのブログに似たのっていったいどんなブログが出るの?と期待を込めてクリックすると
お洒落な画像やら上品な文章が並んでいて、オバちゃんのブログとは似ても似つかぬ世界
いまさらながらexciteブログっておしゃれなブログが多いと思い知らされている次第。

こんなくだけたオバちゃんブログこそ異世界なのね
でも・・・これはこれでマニアックな読み手もいるだろうとまだまだ独自路線をひた走ろうと思う。
あくまで自己満足ブログで、ランキングも不参加組なんです

そんなオバちゃんがビックリすることがもう一つ
ランキング不参加ながらアクセス数はちびっと気になるオバちゃん
このブログを初めてから早一ヶ月、
まったくの自己中心自己満足ブログなのに物珍しさなのか?毎日アクセス数がじわりじわり増えてきていて・・・きゃ~ただいま嬉しいのと戸惑いの思いが入り混じっております。

今日はパートはシフトのお休みなんで、お家片付けと常備菜造りと、お洗濯、近所のオバちゃん仲間に韓流ドラマのDVD編集し録画してあげて、となにかと忙しい。

この頃はあっという間に日が暮れてしまうからね
先週はなにかと雑事で忙しかったから、のんびり身体を休めたいのそれは許されないのね
さあ頑張って新作の蘭陵王SSも考えよう。

大ブーイングになるだろう鄭児編SSも検討中、これからも頑張りますので宜しくお願いします!謝謝大家、再見029.gif
e0348365_15064663.jpg



by syouhou36 | 2015-09-29 15:12 | 日々の暮らし | Comments(0)

好きな歌その8 Squall   

2015年 09月 29日

おはようございます

ここ何日か飲み会やら、選挙やらと我が雑事が続き、おまけに休み明けの昨日は残業で・・
くたくた、蘭陵王SSの続編が進まないままです。楽しみにして下さっている方ごめんなさい
お弁当もオッちゃんの仕事の都合で『明日は弁当いらんで』と言うのでアップ無し。
なんで今日もオバちゃんの好きな歌を一曲

昨日はホントびっくり・・・オバちゃんが働く職場の出入り業者の小父さんから『福山結婚したで~』の一報が入り
『相手は?誰』と聞くと『誰や知らんけどユニクロ出てた子や』とあ~吹石一恵とすぐにわかった

今回は青春ソングと言うか、これは上司のKさんがカラオケでとても素敵に唄ってくれて好きになった歌です。053.gif祝結婚福山さん053.gifのこの歌改めて聞くととても意味深な歌詞です

by syouhou36 | 2015-09-29 06:56 | わたしの青春ソング | Comments(0)

お月見   

2015年 09月 27日

おはようございます

今日は中国では中秋節といって祝日になるそうです

家族全員が揃い、皆で月餅(げっぺい)を食べて家族の繁栄や健康、幸せを願う日だそうです
e0348365_09190347.jpg

その風習が平安時代に日本に渡り、貴族の方々が川に船を浮かべて川の水面に映る月を眺めて楽しんだとか。
これが日本のお月見の原点かな?
オバちゃんは風流とは程遠くてこちらのお月見が好き
e0348365_09194522.jpg
関西と関東で団子の種類がちがいますね、
関西のお団子は団子を細長くしてこしあんを巻いたもの、これは里芋の形を真似て月へむけて収穫のお祝いと感謝をあらわすのだとか。
当然オバちゃんは生まれて来てから里芋風のしか食べたことない。
今夜は月に家族の幸せと健康、繁栄をお祈りして里芋風月見団子を食べます。
e0348365_09315323.png
それからまたお月見で思い出した歌を一曲貼り付けます
小柳ルミ子さんの十五夜の君、しっとりしたいい曲ですでも”年を取るの歌詞はおばちゃん的に傷つく007.gif

by syouhou36 | 2015-09-27 09:43 | 日々の暮らし | Comments(0)

好きな歌その7 コバルトの季節の中で   

2015年 09月 26日

本日二度目の投稿です

今夜は15年ぶりくらい会っていなかった大昔に共に働いてた職場の上司さんや先輩が揃い
同窓会?んんん?OB,OG会?かな

その中で仲のよかった同期3人とは何年か置きに同期会をしたりして常に交流を深めているんだけど3つ先輩の女性と上司の小父さんとは約15年ほどお会いしてなかったんです。
今夜は飲み放題3時間の梅田の居酒屋で大いに盛り上がって来ま~す。

以前ならそれぞれに電話連絡をし合い手間取っていたことも、今ではラインで皆一緒にいっせい連絡しあえるからホント世の中便利になりました。

だもんで朝から気合入れてヘアカットしたので今日はこの一曲を紹介します
この頃のジュリーって全然タイプじゃなかったけど、今聞くとなかなかいいねぇ~。



ではまたね再見

by syouhou36 | 2015-09-26 14:05 | わたしの青春ソング | Comments(0)

蘭陵王SS ”誕生”   

2015年 09月 26日

おはようございます

今日もこりずに妄想の翼を羽ばたかせます
後もう少し二人のセリフがほしいところなんですが、なんせど素人のオバちゃんです、ご勘弁を・・・この蘭陵王SS興味のない方、話の展開が私の意に添わないわと思われる方はどうぞスルーしてくださいね。 では始めます


”誕生”

家のすぐそばにある裏山へ薬草を採りに行こうと支度を始めた氷児(雪舞)に突然陣痛が始まった。
『雪舞大丈夫か?すぐ馬小母さん(村の産婆)に来て貰うから、さっ早く横になって・・』とあわてふためきオロオロする夫へ
『そんなにあわてないで・・お産は今度で二度目なのよ大丈夫、生まれて来るのはまだまだ先よ、それに忘れないでね阿土、わたしの名は氷児よ、氷児、楊雪舞はもうこの世にはいないの』と大きなお腹をさすりながら余裕の微笑みを浮かべる氷児であった。
『出来れば今度は女の子がいいわ、あなたに似たら将来はきっと絶世の美女になること間違いなしだもの』
『わたしは娘でも息子でも、どちらでも構わない、母子共に無事で元気な子が生まれてくれればそれだけで良い。平安のときには母子共に命を落しかねない難産であったろう、あの時わたしは君のそばに付いててもやれず本当にすまなかった』と瞳を潤ませる。
雪舞(氷児)は夫の手を握り締め『いいえ、あの日貴方は追ってきた刺客からわたしと平安を守ってくれたわ、陣痛で意識を失ったわたしの夢にも現れ『ありがとう子供の為に生きてくれて、君なら出来る目覚めよ雪舞』と言って励ましてくれた、息を殺してそっと扉の影から見守っていてくれた、あの日流星球花を見たわたしがどれほど嬉しかったか・・・』
と走馬灯のように当時を思い出しては涙ぐむ雪舞であった。
e0348365_09132006.jpg
e0348365_09133628.jpg

雪舞の言ったとおりお産は夜になって始まった、二度目のお産は平安のときと比べ、まこと安産であった。
愛する夫に見守られながら雪舞は長恭によく似た面差しの可愛い女の子を産んだ。
『ありがとう、こんなに可愛い子を産んでくれて、この子の名は真珠のように白く輝く美しさと、君のように素晴らしき女人になってほしいことを願い”雪珠”としよう』
と言うと、雪舞と生まれたばかりの雪珠の枕元には(あの夜と同じように)長恭が裏山で摘んできた流星球花が置かれた。


つづく

by syouhou36 | 2015-09-26 09:08 | 蘭陵王SS | Comments(0)

好きな歌その6 けんかをやめて   

2015年 09月 25日


おはようございます

連休明けは思った以上に過酷で、朝からバスは15分遅れてくるわ・・・
そして会社に着いてみれば、出勤タイムの3分前
タイムカードをあわてて押して、与えられた仕事もハンパなくハードな役割に当たり、う~泣きたい気分
帰宅してから蘭陵王SSの続きを載せたかったのですが、さすがにしんどくて晩ご飯までオッちゃんに作ってもらった、メニューはナポリタンスパゲティーでした。
誰かに作ってもらうってやっぱり美味しい。
なんでSSは次回以降となります。
今日は好きな歌第6弾を。アイドル全盛時代の大昔はニューミュージック歌手の曲を売れっ子アイドルが唄うというのが流行っていましたね。聖子ちゃんはユーミン、明菜ちゃんは井上陽水とか、桜田淳子さんは中島みゆきで、河合菜保子ちゃんは竹内まりやの曲でした。芸能界を引退されてから一度も姿を見せてくれない奈保子ちゃん今はどうされてるのかしら?



ではまたね再見029.gif

by syouhou36 | 2015-09-25 07:49 | わたしの青春ソング | Comments(0)

蘭陵王SS ”阿土と氷児”   

2015年 09月 23日

こんばんは

シルバーウィークもあっと言う間に過ぎて、明日からまた現実の世界へと引き戻されます。
たいした物でないのにさぼっていたお弁当も30分は早起きしていれないと・・・・
と、我が雑事はさておき、懲りずに妄想の翼を拡げ蘭陵王SSを披露させていただきます。
意にそわぬ方はどうぞスルーしてくださいね。
e0348365_23414471.jpg
”阿土と氷児”

延宗と小翠に惜別の文だけを残し斉の庵から姿を消した蘭陵王一家
彼らはいったい何処へ消えてしまったのだろうか・・・・
周が進軍して斉は滅び、斉の皇族である延宗は今は名目上周の賓客という立場となった。
だが事実上は周が与えた古い小さな屋敷で、妻の小翠と共に幽閉されていた。
消えた兄一家を探したくとも、たえずその日常を見張られ、昔の家臣に頼みたくともまったく身動きが取れずにいた。
今はまだ幽閉で済んではいるが、いつ皇帝からの命が下り残された高一族が誅滅させられるか、残された者の中には誅殺におびえすぎて気がおかしくなる者さえいた。


その頃、高長恭とようやく傷の癒えた妻の雪舞と赤ん坊の平安は、斉の庵から姿を消した後、
半月あまりをさすらい旅した後、ようやく人里離れたある名も無き村へとたどり着いた、その村は雪舞の故郷である白山村にどこか似ていた。

そこに住まう村人たちは、蘭陵王と天女と呼ばれた楊雪舞の名前だけはさすがに知ってはいたが、さいわい誰一人としてまことの姿を見たことがなかった人々達であった。

この村にたどり着くまでに訪れた数々の街や村で『蘭陵王は暗君に嫉妬をされて無実の罪を着せられ殺された。妃の天女さまは妖女の皇后に殺されかけて周に逃げ延び、周の皇帝の側妃になって今では皇帝のご寵愛を一心に受けて、周の宮廷で幸せに暮らされている、』と噂しあっていた。
『皇帝と皇后が愚かなことをしたから罰が当り斉の国は滅んでしまった』と噂する者までいた。

村長からの許しをもらい、長恭達一家は村はずれにある廃家を譲り受けて、長恭自らが普請しそこで彼らの自給自足の民の生活が始まった。長恭は阿土と、雪舞は氷児と名を改め・・・・

やがて2年の年月が流れて・・・・
やんちゃに走り回る平安を連れて、今にも生まれそうな大きなお腹をかかえた雪舞が、家の裏の小川で釣りをする夫に昼餉を運んできた。
『そろそろお昼にしましょう~どう魚は釣れた?』とほほえみ籠を覗きこむ妻に
『ああ、見てくれ、ほらこんなにいっぱい釣れたぞ、当分夕餉のおかずには困らないだろ』と得意げにいう夫。

蘭陵王府で暮らしていた頃とは比べようもない慎ましい村の暮らしであった、だが親子三人にとって今の暮らしは、二人が夢にまで見た幸せそのものだった。

阿土は剣を鍬(くわ)に握り替え毎日田畑を耕し、裏山の木を切り造作し家財を造り、村人達に頼まれれば、鉄を加工し農具や鍋まで造る。(鍛冶はあの仮面造りで玄人はだしの腕前)
なんでも器用にこなす頼もしき夫であった。

氷児は平安の子育てに追われながらも裏山に登り薬草を摘んで来ては傷薬や腹痛の薬を作り村人達に無料で薬を分け与えている、暁冬村いた頃のように村人たちに野菜が沢山取れるようにと土の改良まで伝授している、

そして大きなお腹をかかえ氷児が今日も裏山に行こうとしたそのとき、その身に突然陣痛が始まった。

つづく

by syouhou36 | 2015-09-23 23:17 | 蘭陵王SS | Comments(0)

好きな歌その5 白いページの中に   

2015年 09月 23日

こんばんは

調子にのって第5弾目の好きな歌




この歌は高校生の頃に深夜テスト勉強をしていたとき、よくラジオから流れていた曲です

甘くせつない声とメロディーのけだるさが好きでした、

このYoutubeもわたしのの大好きな空と海の風景で嬉しい

柴田まゆみさんは、ヤマハ主催の※ポプコンコンテストで入賞して歌手デビューされたんだけど
この一曲だけを残して引退されたそうです。

※ポプコン出身の歌手では中島みゆき、因幡晃、長渕剛、円浩志、八神純子が有名

ではまたね晩安

by syouhou36 | 2015-09-23 00:02 | わたしの青春ソング | Comments(0)

蘭陵王SS ”奇跡Ⅱ”   

2015年 09月 22日

おはようございます

ここ何日かさわやかな秋晴れが続いている関西地方です

先日の第一弾SSの続編をがんばってみました。ドラマのラストとは異次元の世界
あくまでオバちゃんの妄想の世界です、意にそわぬ方はスルーしてください。

e0348365_13464143.jpg


”奇跡Ⅱ”
  
小翠があわてて村医者を呼びに行き、駆けつけた医者の手で傷の手当てと解毒が施された雪舞であった。
『おそらくは今晩が峠でござりしょう、出来る限りの解毒はいたしましたが、自ら毒と戦うために奥方様はこれからまだまだ高い熱を出されることでしょう、後は奥方様自身がこの熱にどこまで耐えれるか、正直に申して五分五分というところです』と言い、処方した煎じ薬を半時ごとに必ず飲ませるよう言いつけ帰っていった。

そして医者の観立てどうりに、雪舞は身体に残った毒と戦うため自ら高い熱を発し戦っていた。
それはまさしくあの日と同じ情景だった

そうあの日・・・周の兵士の放った毒矢に射られて倒れたわたしを、雪舞は熱を冷やすために自ら添い寝をし付き添ってくれた。
そればかりか敵国である周におもむき、わたしの為に自ら毒を飲んでまで解毒薬を手に入れて来てくれた。

今宵は長恭が熱に苦しむ妻に添い寝をし抱きしめ、自らの身体へ妻の熱を移すのだった。

やがて一番鶏が鳴き空が白み始めた頃には雪舞の意識は戻り、身体の熱もすこしずつ引き始めた
『雪舞わたしがわかるか・・』と長恭が呼びかけるとこくりと頷き、力無き声で雪舞がことの成り行きを語りはじめた。

『殿下に平安のことをお願いして、段々体が冷たくなって力が抜けて、意識がす~と薄れていった・・・・。そして意識が戻ったら、そこには誰一人いなくて、深い深い霧の中をあても無く歩き続けていたの
とても心細くて、泣きそうになった、ただ、ただ、ずっとさ迷い歩き、霧がかすかに晴れやっと目の前に小さな川が現れたの

向こう岸にはいっぱい綺麗な花が咲いていたわ、そして大勢の人が集まっていた、それがとても楽しそうに見えて、向こう岸の人たちから『早くこっちへおいで』 と手招きをされて、川を渡ろうとしたその時よ、突然平安の泣く声が聞こえてきたの、とても大きな大きな泣き叫ぶ声が聞こえてきたの・・

心配で早く平安のところに戻らなくちゃと 振り返ってみると突然また意識が薄れていって・・・・
そして目を覚ましたそのときよ、目の前に 泣きながら平安を抱きあやしているあなたが見えたの、わたしあなたと平安のいる世界に帰ってこれたの?これは夢の中?それともまことの世界なの?』
長恭は返事の言葉も出せず、ただひたすら雪舞を強く抱きしめ 喜びにうち震えた。訪れてくれた奇跡に感謝し、涙が溢れでて止まらなかった

『平安に感謝せねば、この子の泣き叫ぶ声が、君があの世に逝く手前で呼びもどしてくれた 天女の血を引く子が奇跡を呼び起こしてくれたんだ、雪舞ありがとう私たちの元に還ってくれて』

雪舞の傷があらかた癒えた頃に、親子三人は延宗と小翠にあてた詫びの手紙だけを残して、行き先も告げずに忽然と斉の庵から姿を消したのだった。(もちろん踏雪もね)

次回へつづく・・・

by syouhou36 | 2015-09-22 10:55 | 蘭陵王SS | Comments(0)