カテゴリ:わたしの青春ソング( 56 )   

好きな歌56 花しぐれ   

2017年 06月 07日

おはようございます

今日から関西地方もとうとう梅雨入りです。
6月といえば別名水無月ともいいますね、梅雨で水いっぱいなのになんで水無月なんでしょうね、この水無月は本来旧暦の6月を示す言葉で、新暦でいうなら新暦の7月上旬から8月上旬までを表します。だから水の無い月。

※調べてみますと諸説あるようですが、ここでは長くなるので省略させていただきます。

でも食いしん坊のワタシが思い浮かべる水無月というと やはりこちら111.png
こちらは京都:中村軒さんの水無月です。

氷の結晶に似せた三角の外郎の上に小豆を散らして魔除けの意としました。(小豆=まめは魔滅)
e0348365_08402098.jpg
梅雨時はうっとうしいけれど、見方を変えれば雨の日にはこんなメリットもあるようです。
小林麻美さんの雨音はショパンとこちらの花しぐれ、どちらを紹介しようかな?
と、迷いましたが1960年生まれの同い年ということもあり 高田みずえちゃんのこちらの歌を黒田佳孝 さんのユーチューブからお借りしました。

花しぐれ 1978年3月発売 作詞:松本隆 作曲・編曲:都倉俊一
高田みずえちゃん17歳のときに唄っていたのですね。

『わたし髪を切りすぎたのまるで男の子みたいよ~』で思い出す方もいるかな?
その当時オバちゃんも同じ17歳の女子高校生でした、こんなに大人っぽくなかったけど毎日きらきら輝いていました~!106.png
みずえちゃんはこの6年後の25歳でお相撲さんと結婚して芸能界引退、
今では相撲部屋のおかみさんとして一生懸命頑張っておられます。



本日も変なオバちゃんブログへのご訪問 まことにありがとうございます。
 
ただいまよりバスに揺られて街までちょっとお出かけして来ます。176.png169.png
再見110.png

画像元・・・中村軒さんhttp://www.nakamuraken.co.jp/
youtube元・・・黒田佳孝 さん

by syouhou36 | 2017-06-07 10:20 | わたしの青春ソング | Comments(15)

好きな歌55 わたしの彼は左利き   

2017年 01月 16日

こんばんは

金曜日から今日にかけて日本列島に大寒波襲来、

※寒波とは、その地域の平均的な気温に比べて著しく低温な気塊が波のように押し寄せてくる現象のことである。北極周辺の高・中緯度地域に現れやすい。
規模の大きいものでは「大寒波」とも呼ばれる。

でもオバちゃんの住む大阪は、今日は昨日よりも風がない分だけ寒さはましでした。寒さは昨日のほうが厳しかった。でも昨日も昼過ぎに予報されていた降雪も、夜半にほんの少し降っただけ。

そして今朝、駅に向かう遊歩道には、土の地面にほんの少しだけ雪が残り。
e0348365_22165433.jpg
噴水からは気温が低く湯気が立ち上っていました。
e0348365_22172710.jpg
花が何も咲いていない真冬の遊歩道、その代わりに出入り口のプランターには可愛いビオラが植えてありました。
e0348365_22175598.jpg
そして立ち寄った駅前のパン屋さんで、ほっこり休憩タイム
e0348365_22183022.jpg
これを見て誰か気づいてくれたかな?そうオバちゃんは左利き012.gif

小学校に上がる少し前のこと、父に無理やり右手に鉛筆を握らされ、包帯でぐるぐる巻きされて、右利きになるように矯正されていっぱいあいうえおを書かされました。お箸もいっぱい訓練させられた、それはお嫁に行って相手先になにか言われないようにという親心だった。
でもね文字を書く以外は矯正が上手くいかず、包丁やハサミなど刃物は左利きのまま。オバちゃんの育った昭和の時代は野球選手などのスポーツ選手以外は左利きがタブーの時代。
まして女の子の左利きは世間の目が特にうるさかった時代。
でもそんな左利きにある日光が指しました・・・・
オバちゃんが中学一年生の頃(1973年)浅丘めぐみさんが唄った『わたしの彼は左利き』から左利きへの偏見が緩んだのです。
こちらがその曲


麻丘めぐみさん、1955年10月11日大分県生まれ、大阪育ちの現在は61歳
この歌を歌われていた頃は17~18歳頃、とても女の子らしい歌詞と、可愛い振りに可愛い衣装、髪型もまるで戦国時代のお姫様のようで、そして大きな目がとても印象的な、オバちゃんには元祖アイドルといえるお姉さんでした。

youtube元・・・ ふじわらわたなべさん



by syouhou36 | 2017-01-16 00:15 | わたしの青春ソング | Comments(0)

好きな歌54 嵯峨野さやさや   

2016年 10月 14日

こんばんは

ここ一週間ですっかり秋めいてきましたね、朝は肌寒さから早くに目が覚めてしまいます。
本当に暑かった酷暑、猛暑が終わり、これからはゆっくりと秋を楽しみたいと思います、なので土日を避けてシフト休みを利用して、京都あたりに行ってこようかな?と思っています。

オバちゃんが18~25まの頃には大親友のSちゃんとは月一くらいに京都や奈良へと遊びに行っていました。
e0348365_23292263.jpg
この写真は34年前、Sちゃんともう一人OL時代の友達Tちゃんの3人で京都大原に遊びに行って、大原女(おはらめ)さんのコスプレをしたもの。大原の観光協会のようなところにあらかじめ申し込んで着付けてもらったものです。
大原女さんの格好をして、大原界隈を薪を頭の上に乗せて歩いたことだけ覚えています。

舞妓さんではなく大原女さんというところが珍しかったし、すれ違う観光客らしき人たちには地元の娘と間違われてか道を尋ねられたり、一緒に記念撮影を頼まれたりしました。今ではとても懐かしい貴重な経験です。

ブログで初公開、22歳の頃のワタシ、どちらかは内緒037.gif
e0348365_23351512.jpg
京都大原も三千院など風情があってステキだけれど、やはりワタシの年代(50代)の人たちには嵯峨野がとても人気でしたね。

一時期は沢山のタレントショップや、美空ひばりさんの記念館でにぎわいましたが、オバちゃんが行っていた時代はそのもっと前。

それはこの歌の影響も大きかっただろうなと思います。

昨年機会があってバスツアーで駆け足的に嵯峨野にちょこっとだけお邪魔しましたが、海外からのお客様がいっぱいでした。

あの頃のように静かにゆったりと京都の街の風情を味わうことが出来なくなってしまったことは、オバちゃん的にはとても残念でなりません。

この歌を聴くたびにあの頃の京都の美しさが思い出され、うるうるしてしまいます。

嵯峨野さやさやは1975年に着物メーカー愛染倉のCMソングとして使われ、タンポポという姉妹フォークデュオが唄われてました。



この後にタンポポでよく知られている歌が同じ京都を唄ったひとり歩きというこの曲。




今夜は秋の夜風に吹かれセンチになってしまいました、ではこの辺で晩安029.gif014.gif

by syouhou36 | 2016-10-14 00:02 | わたしの青春ソング | Comments(0)

好きな歌53 さよならをするために     

2016年 09月 18日

こんばんは

久々のわたしの青春ソングはビリーバンバンさんの「さよならをするために」

この歌は、日本テレビのテレビドラマ『3丁目4番地』の主題歌として、石坂浩二さんによって作詞、坂田晃一さんによって作曲され、ビリーバンバンによって歌われた楽曲。
1972年2月10日の発売。
e0348365_21250040.jpg
1972年といえばオバちゃんがちょうど12歳のとき。
そう44年前のはるか遠い遠い遠い昔。


当時のわたしは、いつも家に引きこもって、姉が縫ったワンピースの残り切れやら自分や家族が着古していらなくなった服をほどき手縫いで細かく布をつなぎ合わせて座布団カバーを作ったり、手芸店の店先にカラフルな可愛い柄があるとお小遣いで買って、自分が着る服に合わせて大きなネクタイを縫ったりして楽しんでいた手芸が大好きな少女でした。

春に遠足で平安神宮へ行ったときの集合写真の中に、白いブラウスに紺色のベスト、カラフルな赤地の手作りのネクタイをした12歳のワタシがいます。

そして秋から冬には、カラフルな色のアクリル毛糸を買って、カギ針編みで何枚も簡単な模様編みを繰り返してショートベストを編んだりしました。
そんなワタシに祖母がいつも 『こんなに上手なら、もっとおおきゅうなったら洋裁の先生になれるな、ホンマにあんたは器用な子やわ』 と言っていつも褒めてくれた。

こんなこともありました。
当時12歳、6年3組だった我がクラスの間では、20センチ四方のフエルト生地とチャック(ファスナーのこと)を使ってペンケースを作ることが流行っていました。
そのペンケースを姉のミシンを借りては仲良しの友達やら、クラスのやんちゃな男子に頼まれては、いっぱいいっぱい縫いました。
残念ながらこのペンケースについては写真が残っていません。
でも作り方は超かんたんで、いまもすぐに再現できるほど、今度百円屋さんでそのフェルトを見かけたら作ってみようかな。

でもね同じペンケースで本当に当時の日本全国で流行っていたのは象が踏んでも壊れないアーム筆入れでした。

56歳になった今も、オバちゃんはあいかわらず縫い縫いは大好き。
去年は夏と秋にチュニックブラウスを2着づつ作りましたが、今年は咳に悩まされて断念。
それに縫い縫いやら編み編み、それにパソコンばかりしていたら最近では肩がこりすぎて肩甲骨が引きつることも多くなりました。

これではあかんと自分を奮いたたせ、、思い切って来月から体操教室のジムに通うことにしました。
最初は運動不足で硬くなった身体をほぐすために、そして徐々に筋力をつけていきたいと思います。ダイエットはその次かな。
子供の頃からスポーツは大の苦手、超運チのワタシです。
本当に続くのだろうか?と今から不安でいっぱいです。

でもお金が掛かってますからね、今朝から書類と月謝2か月分をジムに前払いして入会手続きも完了。
なんとか続くよう頑張ります066.gif さて本日は長くなりましたが、私事はここまで。


では最初に戻ってわたしの青春ソングをご紹介させていただきます。
いまでもビリー・バンバさんの曲が大好き、「また君を愛してる」も坂本冬美さんの曲よりも、ビリー・バンバさんの曲の方が好き。優しい声がこの歌同様に聞いていてとても癒されるのです。
動画の歌声にすこし雑音が入っていますが、できるだけ当時の歌声を伝えたいので、あえてこちらの動画を選ばせていただきました。



ではまたね拝拝029.gif

youtubie元・・・kumi5 heie12
画像元・・・CGI's

by syouhou36 | 2016-09-18 21:29 | わたしの青春ソング | Comments(0)

好きな歌52 夏の月    

2016年 08月 16日


こんばんは

紹峰さんフォトに続いて、本日の第二弾はわたしの青春ソング、でもこの歌はオバちゃんが38才ごろに流れていた歌だから青春ソングにするにはちょっと厳しいのですが、大好きな杏里さんの夏ソングなのであえて載せました。

またすぐにユーチューブが×にされるのを覚悟で載せます、とても静かでステキなメロディでチョッピリせつない歌詞も大好きです。

月だけが知っていた・・わたし達のこの恋を~今小さな花火みたいに・・・・・
月明かりだけの穏やかな波音がする浜辺で、ぜひ聞いてみたいそんな曲です。
e0348365_22580558.jpg



長かったお盆休みも、京都の大文字さん送り火も終わりました。
また明日からハードな日常のお仕事が始まります、日本全国がまだまだ厳しい残暑です、どうか皆様も熱中症に気をつけてご自愛くださいませ。

ではまたね晩安029.gif014.gif

画像元・・・神戸観光壁紙写真集
youtube元・・MyExtraTV


by syouhou36 | 2016-08-16 23:10 | わたしの青春ソング | Comments(0)

好きな歌51 十七の夏   

2016年 08月 01日

おはようございます

さあ今日も、暑さに負けず、湿度に負けず、アレルギー源のエアコンのカビ菌にも負けず元気にお仕事に出かけましょう!

張り切り過ぎてからまわりしないように気をつけます。
さて今朝は久々のワタシの青春ソングをご紹介させていただきます、夏がテーマの曲を紹介させていただきます。すこし下の世代の人には夏といえばTUBEでしょうが、オバちゃんの世代はちょっと違います。
アイドル全盛期の桜田淳子さんの十七の夏、当時はアイドルばかりを集めて芸能人水泳大会っていうのを大磯ロングビーチとかで開いてましたね。いつのまになくなってしまったんでしょう芸能人水泳大会。
そのときの淳子さんの水着姿がどれもステキで、当時15才のワタクシの憧れのアイドルでした。
あああ~それからもう41年の月日が過ぎてしまった。007.gif
淳子さん今頃どうされているのかな?
e0348365_01225025.png
十七の夏は1975年6月にリリースされた桜田淳子さん11枚目のシングル曲です。



では熱中症に気をつけて仕事してきま~す。029.gif
皆様も熱中症にはくれぐれもお気をつけて、水分補給を欠かさぬように心がけてください!

動画&画像元・・・ひろどんじゃまーさん

by syouhou36 | 2016-08-01 07:40 | わたしの青春ソング | Comments(0)

好きな歌50 りばいばる   

2016年 06月 05日

こんばんは

本当に久々の3月21日以来のわたしの青春ソング紹介です。
最近は中国明星の関連記事を載せてばかりでちょっと疲れちゃいました。

そんなわたしの耳に先日TVから懐かしいこの曲が流れてきました。
そう、中島みゆきさんのりばいばるという曲です。 
この曲が流行った当時のわたしは19歳、高校を出て就職し、ちょうど半年がたち、仕事と会社の人間関係に悩み、社会人生活に慣れるのに必死だった頃です。
e0348365_22395230.jpg
曲調は暗いんだけど、なぜかその頃のわたしを癒してくれた歌でしたね。

忘れられない歌を突然聞く 
誰も知る人のない 遠い町の角で
やっと恨みも嘘も 薄れた頃 
忘れられない歌が もう一度はやる

愛してる愛してる 今は誰のため
愛してる愛してる 君を歌う
やっと忘れた歌が もう一度はやる


この愛してる愛してるのところが久々に聞いてすごく心に響きます。
この歌は1979年9月発売の中島みゆきさんのシングル7作目の曲
この歌の一つ前にリリースされたおもいで河も、とても好きだった歌です。


画像元・・・アマゾン
youtube元・・・十二単 Ⅴさん

ではまたね晩安014.gif

by syouhou36 | 2016-06-05 23:11 | わたしの青春ソング | Comments(0)

好きな歌49 裏切りの街角   

2016年 03月 21日

三連休の最後の日
外出を控えているおかげで花粉症は今日はどうにか落ち着いています。

そんな体調不良で気がめいる中、昨夜遅く、だら見していたテレビから懐かしい曲が流れてきました・・

そう高校時代テスト勉強しながら深夜のラジオで、よく聴いていた曲。

この歌を歌っていた頃の甲斐さんの、かすれ気味のなんともいえない味のある声が好きでした・・。

ビジュアル的には、あまり好きじゃなかったけど
青年が大人に変わる前のような声が、なんともいえず好きでした。

同じように松山千春さんの初期の頃の声も同じような理由ですきでした。
もう生で、そんな若い声は聞くことは出来ない甲斐さんも、松山さんも・・・そしてもう一人、松浦亜弥さんと結婚されたw‐indsの橘慶太さんの初期の頃の声もそうです、ただ慶太君の場合は、少年から大人の声に変わってが正しいかな

ある一時期にしか聞けない希少な声・・
ほんの少し花粉症で辛い身がほっこりと癒されました。

甲斐バンドの2枚目のシングル曲:1975年6月作品

e0348365_13193435.jpg
画像来源・・.amazon.co.jp

Youtube来源・・歌の心 5523さん




by syouhou36 | 2016-03-21 13:34 | わたしの青春ソング | Comments(0)

好きな歌48 最後の春休み   

2016年 03月 14日

おはようございます

本日はまた、リアルタイムシーズンのこの歌をご紹介させていただきます。

ユーミンのユーチューブは、いつも即効でアウトにされます、それでもいいからこの曲は、ぜひ載せたかった曲なんですが、いくら捜してもユーミンのものは見つけられませんでした。

なので本日は伊藤麻衣子ちゃんバージョンを載せさせていただきます。
ハイ・ファイ・セットさんのものもあるのですが、女子高生が唄っている感じが良く出ているのでこちらを採用させていただきました。

55歳のオバちゃんが、この曲聞くだけで一瞬にして17歳に戻れるの。そう-38歳もちろん気持ちだけですが037.gif

ユーミンの最後の春休みは1979年作品

e0348365_00114879.jpg
Youtube来源・・・ときめきのアクシデント

画像来源・・・海外反応! I LOVE JAPAN : 日本


by syouhou36 | 2016-03-14 07:15 | わたしの青春ソング | Comments(0)

好きな歌47 You Call It Love   

2016年 03月 10日

こんにちは

本日は馮紹峰さん、そして大好きな蘭陵王を少し離れて、わたしの青春ソングのご紹介をさせていただきます。

一昨日の深夜に、オッちゃんが着けていたCS放送から、懐かしい曲が流れてきました。
その曲はフランス映画の主題曲で、日本でおなじみのフランス人女優ソフィー・マルソーさんの若かりし頃の恋愛映画 "スチューデント”の中で流れていた曲です。

ソフィー・マルソーさん現在49歳、今でも充分お美しいのですが、このスチューデントに出ていた22歳の頃が最も若さ溢れ美しく光り輝いていたように思います・
e0348365_13434502.jpg
スチューデント』 (L'Étudiante) 1988年11月フランス・イタリア合作映画
話しの内容は、教員免許を取るためにがんばっている女子大生と、スキー場で出逢ったミュージシャンとの恋愛模様を描いています。話しの内容よりもメロディーの方がとても印象に残ったまま忘れられずにいたのです。

キャロライン・クルーガーでYou Call It Love

曲名を検索していたら、歌詞を訳してくださっている方がいて、少しだけ紹介させていただきます。

毎日私と一緒にいてください
今晩、今晩、私の隣で
さぁ一緒に帰りましょうか?
想像を追いかけていく
我々は王と王妃
だけど冠はない、指輪はない
城に住んでもいない
私の財布には紙は入っていない
プラスチックカードもない
だけど一つの正しいことは誰も変えられない
『あなたは私の宝物』

階級、お金、名声、私は気にしない
冠を頭に着けたくない
なぜ人はそのことをいつも考えるのか
私は理解できない

私の人生はあなたが一緒にいたら幸せだ
私はそれを『愛』と呼ぶ・・・毎日私と一緒にいてください
私は確信を持っている、私は知っている
私はお金持ちではない
ベイビー 泣かないで
今晩、今晩私と一緒にいてください、私の隣で
さぁ一緒に帰りましょうか?
温かい我が家へ本物の想像に戻る
我々はただの少年と少女
私の精一杯を尽くす
あなたの喜びを私にください


この訳詩を見てビックリ、、また蘭様と雪ちゃんが浮かんでしまった。

動画来源・・・GAELLE R
画像来源・・・GYAOスチューデント紹介記事より
歌詞和訳・・。xxhaxxowxxxさん

by syouhou36 | 2016-03-10 14:15 | わたしの青春ソング | Comments(0)