2017年 08月 14日 ( 1 )   

8/13の晩ごはん   

2017年 08月 14日

おはようございます

昨日はお盆の初日
昨日少し話題にのぼりました 我が家の平々凡々な精進料理です。  
たいした材料は使ってません。ほとんど野菜ときのこと炭水化物。
真上から撮ったので画像がピンボケ。
e0348365_22011992.jpg
* 天ぷら(茄子、ピーマン、かぼちゃ、グリーンアスパラ 舞茸)
* お煮しめ(こんにゃくと結び昆布以外は冷凍和風ミックス利用)
* 胡麻豆腐(市販品)
* 春雨の酢の物(胡瓜、缶詰パイン)
* 高野豆腐含め煮
* 焼き茄子とそうめんの吸い物
* 赤飯

小芋にレンコン干ししいたけを買うつもりが 値段が高くて断念し、代わりに冷凍食材の和風野菜ミックスを利用、でも人参とごぼうはちょっと残念な食感でした。 

精進ということで昆布でお出汁をとりました。結び昆布は出汁取りした昆布を使いました。

お赤飯の漬け汁は グリコお赤飯の素を利用。
洗ったもち米3合と 水とお赤飯の素をあわせ 1時間ほど置いて 炊飯器のおこわ設定で炊きました。
出来上がってみれば、すごく薄い色に仕上がり やはり自分で小豆汁をつくればよかったなと反省しています。

たくさん揚げ過ぎて 残ってしまった天ぷらは今晩天ぷらうどんに化けます。
お煮しめの残りは 明後日 小芋以外を刻んで青菜を入れて白和えにします。
小芋の煮物はつぶして丸めてフライパンで揚げ焼きかな105.png

リサイクル料理を考えるのは嫌いじゃないです110.png
でもこれって一期一会料理、美味しく出来ても 二度目は作れないのが欠点かな。

本日お盆の時期に ぜひ聞いて欲しい曲として さだまさしさんのグレープ時代の精霊流しをご紹介させていただきます。好みでない方はスルーしてくださいね。
なお携帯から聞かれる方はWi-Fi設定をお薦めします。



鐘楼流しと灯篭流しどこが違うんだろう???

精霊流し
(しょうろうながし)は、長崎県の各地、熊本県の一部及び佐賀市お盆に行われる、死者の魂を弔って送る行事のこと。
長崎市を始め、長崎県内各地でお盆に行われる伝統行事である(ただし、県内でも海から遠い波佐見町等にはこの風習はない)。隣県である佐賀県の佐賀市や、熊本県の熊本市御船町などにも同様の風習が見られる。初盆を迎えた故人の家族らが、盆提灯や造花などで飾られた精霊船(しょうろうぶね)と呼ばれる船に故人の霊を乗せて、「流し場」と呼ばれる終着点まで運ぶ

灯籠流し(とうろうながし)は、死者の魂を弔って灯籠(灯篭)やお盆供え物を海や川に流す日本の行事。とうろう流し灯篭流しとも表記する
一般的には、お盆の行事送り火の一種であり、夏祭り花火大会などと合同で行われることが多い。しかしながら「お盆」時期についての解釈が地方によって異なることや、特別の追悼行事として行う場合もあり、日本全国で一斉に行われるわけではない。また、灯籠流しを行わない地域も多い。雛祭りの原型とされる流し雛の行事との類似性が指摘される。以上ウィキメディア参照。

本日も拙きオバちゃんブログへのご訪問 誠にありがとうございます。

なれない精進料理作りで疲れてしまったので、
明日から3日間ほどオバちゃんブログをお盆休みとさせていただきます。

では皆様次回お目ににかかる日まで再見!

youtubie元・・・ひのえ利穂さん

by syouhou36 | 2017-08-14 07:05 | 日々の暮らし | Comments(18)